« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

梅雨の蒸し暑い陽気の下、水質調査を実施しました

2019年(令和元年)7月21日(日)天気:曇り 気温:25度

山崎山こどもエコクラブの第225回の自然観察会が、「水辺の生きものと水質調べ」と題して、新しい村の池や笠原落し、ほっつけ田んぼなどで行われました。参加者は、インターネット放送局の記者1名を含め27名でした。

今回の自然観察会は、埼玉県環境部水環境課の「川ガキ体験イベント」の一環として毎年実施しているもので、水辺の生きもやパックテスト(COD)により川の汚れを調査する自然観察会で、結果は環境省の全国水生生物調査にも報告されるものです。

新しい村ステージに集合した参加者は、調査資料と水質判定の資料となる下敷きを受け取り、調査地点に移動し調査を開始しました。5か所の調査地点で、生きものを網ですくいその種類を確認したり、バケツに汲んだ水でパックテストを行いテストチャートと見比べ汚れ具合を観察しました。

参加したお子さんも、素手でアメリカザリガニを持ち上げたり、間近に生き物を観察したりY代表からの説明を聞いたりして楽しんでいました。

調査結果は以下の通りでした。

1 丸い池(新しい村直売所裏)

  COD値:7~8

  見つけた生きもの:ヌマエビ,スジエビ、テナガエビ、イトトンボのヤゴなど

2笠原落川・上

  COD値:2~4

  見つけた生きもの:スジエビ、タモロコなど

3笠原落川・下

  COD値:2

  見つけた生きもの:フナ、ドジョウ、アメリカザリガニなど

4田の用水・下

  COD値:2

  見つけた生きもの:タモロコ、アメリカザリガニなど

5田の用水・上

  COD値:0~1

  見つけた生きもの:スジエビ、アメリカザリガニなど

活動時間:9:30~11:15

   

 

| | コメント (0)

久しぶりの日差しがさす陽気の下、7月の保全作業を行いました

2019年(令和元年)7月13日(土)天気:曇り 気温:27度

梅雨寒が続く中で久しぶりに日差しがさし蒸し暑さを感じる陽気の下、7月の保全作業が、県みどり自然課職員1名、宮代町職員2名、ゲストの2家族6名、ボランティアスタッフ10名の合計19名が参加して行われました。

日差しもなく梅雨寒が続く中でもトラスト地内の下草はしっかり成長し、膝丈を超えるほどになっていました。今回は、クサギが伸びてヤマユリが隠れてしまっている山崎集会所横の下草刈り、西原へつながる町道わきの下草刈り、西エリアの広場横の下草刈と倒木の処理、西エリアの新しく買った土地に伸びた竹の処理、作業小屋周辺の町道わきの下草刈を行いました。

刈払い機やチェーンソーを使い、水分補給をし熱中症に注意しての作業でしたが、作業終了時には皆さん大汗をかいていました。また、ゲストの家族の皆さんは、お子さんと一緒に熱心に作業をしていただき、きれいに竹を処理していただきました。ありがとうございました。

作業終了後はいつものように作業小屋前のテーブル囲んでの反省会を行い、解散となりました。参加された皆さん大変お疲れさまでした。

活動時間:9:30~11:15

Conv1365 Conv1364  Conv1362 Conv1363Conv1361 Conv1360

Conv1358 Conv1357 Conv1356

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »