« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

6月の予定案内

2019年(令和元年)6月の予定は以下の通りです。皆さんの参加をお待ちしています。

さいたま緑のトラスト協会宮代支部定例保全活動

6月8日(土)午前9時30分から

さいたま緑のトラスト協会宮代支部の定例保全活動を行います。今回も下草刈や枯損木の除伐など行います。

集合場所はいつもの作業用倉庫前です。

山崎山こどもエコクラブ定例観察会

6月16日(日)午前9時30分から

山崎山こどもエコクラブの第224回の活動を行います。

今回は「水辺と里山で生きものを観察しよう!」と題して、田んぼや池の周りで飛び始めたトンボと草の中に隠れている小さな虫を五感を使って探したり、緑豊かな里山での自然観察を行います。

多くの皆さんの参加をお待ちしています。

集合場所はいつもの新しい村ステージ前です。

| | コメント (0)

初夏の陽気の下、観察会を実施しました

2019年(令和元年)5月19日(日)天気:晴れ 気温:20度

山崎山こどもエコクラブの第223回の自然観察会が、「里山や水辺で生きものを観察しよう」と題して、新しい村のほっつけ田んぼやトラスト保全地の山崎山で行われました。参加者は、町の広報担当2人、インターネット放送局の担当者1人を含め50人を超える大盛況でした。

新しい村のステージ前に集まった参加者は、Y代表から観察会の資料とシャーレ、そして虫眼鏡の貸し出しを受け取り、さっそく観察会に移りました。

ステージ前の広場では、シロツメクサとアカツメクサを観察し、名前の由来など学びました。

ほっつけ田んぼに移動すると、子どもたちはテントウムシやシジミチョウ、バッタなどを捕まえシャーレに入れて熱心に観察をしていました。また、水路に網を入れて無視性動物を観察しましたが、スジエビが見られた程度でした。

山崎山の雑木林に移動すると、サンショの木を観察したり葉を取ってその匂いを嗅いだりしました。

落ち葉溜めに移動し、特別にカブトムシの幼虫を掘り起こすと、子どもたちはその大きさに大歓声でした。このあと、サワフタギの木でシロシタホタルガの幼虫を観察したり、ヒトリシズカやフタリシズカなどの植物を観察し解散となりました。

参加された皆さんお疲れさまでした。

また、ボランティアスタッフのEさんは、看板の設置に汗を流しました。お疲れさまでした。

活動時間 9:30~11:00

| | コメント (0)

夏日の陽気の下で保全活動を実施

2019年(令和元年)5月11日(日)天気:晴れ 気温:26度

夏を思わせる陽気の下、5月の保全作業が県のみどり自然課職員1名、町役場職員2名を含め20名が参加して行われました。

保全作業開始前に、Y代表から今年度第1回目のボランティアスタッフ会議の結果報告と、新しいボランティアスタッフの紹介がありました。

今回の作業は、西エリアの枯れて山崎集会所前の町道に倒れかかっているアガメガシワの除伐、東エリアの浄水場側の民家に伸びているウワミズザクラとサワラの枝の除伐、西エリアの新しく取得したトラスト地に群生しているハルジオンの引き抜き処理、作業小屋周辺の下草刈りなどを実施しました。

アカメガシワの除伐は、ロープで倒れる方向を調節しながらチェーンソーを使い処理をしました。また、ウワミズザクラとサワラの枝打ちは、ツリークライミングのインストラクターのSさんが木に登り、チェーンソーを使い処理しました。

ハルジオンは、根を残さないよう手作業で根元を持ち1本1本引き抜き処理をしました。

作業終了後は、いつも通り作業小屋前で反省会を兼ねた懇談を行い解散となりました。参加された皆さん、お疲れさまでした。

活動時間:9:30~11:15

 

  Conv1316 Conv1315 Conv1314 Conv1313 Conv1317Conv1318

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »