初夏の陽気の下で観察会を実施

平成29年(2017年)  4月16日(日) 天気:晴れ 気温:26度

第198回の山崎山こどもエコクラブの定例観察会は、「春の生きもの探し」をテーマにトラスト地と新しい村周辺で自然観察会を実施しました。参加人数は総勢15人でした。

新しい村のステージ前に集まった参加者は、Y代表から自然観察会の資料を受け取るとともに虫眼鏡やルーペを借り受けて、自然観察会の開始です。

初夏のような陽気の下、コナラやクヌギの花の観察から始まりました。コナラやクヌギでは、一本の木に雄花と雌花が付き、雌花はとても小さいことなどを観察しながら学びました。また、トラスト地内では、ニワトコの花を観察し、一つの花におしべとめしべがあることを調べました。さらには、写真にあるように、ウラシマソウも見ることができました。

昆虫では、朽ちた木の下にいるカブトムシの幼虫を観察したほか、成虫で越冬するクビキリギスを見つけることができました。

最後に、ほっつけ田んぼに移動して、自然観察会は終了しました。参加された皆さんお疲れさまでした。

活動時間 9:30~11:15

Conv0903 Conv0904 Conv0905 Conv0906 Conv0907 Conv0908 Conv0909 Conv0910 Conv0911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の中保全作業を実施しました

平成29年(2017年)  4月 8日(土) 天気:雨 気温:14度

新年度最初の保全作業は雨の中、町役場職員3人を含め総勢11人が参加して行われました。

最初に、Y代表から昨年度の会計報告と町の方から新しい担当職員2人の紹介がありました。今回の作業は、新しくトラスト地として購入した西原へ抜ける町道際の土地の整備、特に竹藪の間引きと道路際の下草刈り、隠れていた空き缶などのごみの処理を実施しました。また併せて、町道の側溝の落ち葉上げを行いました。

刈り払い機も利用して、道路際の下草刈りを行った後、竹藪の間引きを実施しました。交差点の横にあり密集していて見通しも悪かったので、適度に間引いた結果、すっきりし見通しもよくなりました。また、購入に際しがれきなどは処理したものの、埋まっていたり隠れていた空き缶などのごみ処理も行い作業終了後は見違えるほどになりました。今後は、道路際の土留めコンクリートの除去と、植林を検討していくこととしました。

雨の中での作業で、作業終了時には参加された皆さんも泥だらけになっていました。参加された皆さん、大変お疲れさまでした。

活動時間:9:30~11:00

Conv0896 Conv0897 Conv0898 Conv0899 Conv0900 Conv0901 Conv0902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の予定案内

平成29年(2017年) 4月の予定は以下のとおりです。皆さんの参加をお待ちしています。

さいたま緑のトラスト協会宮代支部定例保全活動

4月 8日(土)午前9時30分から 

さいたま緑のトラスト協会宮代支部の定例保全活動を行います。春を迎えたトラスト保全地の下草刈りを中心とした保全活動を行います。多くの皆さんの参加をお待ちしています。

集合場所はいつもの作業用倉庫前です。

山崎山こどもエコクラブ定例観察会

4月16日(日)午前9時30分から

山崎山こどもエコクラブの第198回の活動を行います。「春の生きもの探し」をテーマに新しい村のほっつけ田んぼやさいたま緑のトラスト保全第5号地の山崎山での自然観察会を行います。

 参加は無料で、子どもから大人まで、初めての人でも参加できますので、多くの皆さんの参加をお待ちしています。

集合場所は、いつもの「新しい村ステージ前」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の自然観察会を実施しました

平成29年(2017年)  3月19日(日) 天気:晴れ 気温:16度

第197回の山崎山こどもエコクラブの定例観察会は、町の五楽体験事業と共催で「春の自然観察会」を新しい村周辺とトラスト地で実施しました。参加人数は町役場職員を含め総勢30人を超えました。

リニューアルした新しい村のステージに集まった参加者は、Y代表から自然観察会の資料を受け取るとともに虫眼鏡やルーペを借り受けて、観察会の開始です。

風がやや強く冷たいものの、日差しは春本番のようでした。新しい村の池やほっつけの田んぼなどを回り、春の野草を観察していきました。オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、カントウタンポポなどが観察できました。鳥はあまり観察できず、カルガモガが参加者の前から飛び立ったくらいでした。この後、ハンノキやネコヤナギなどの木々を観察し、トラスト保全地に移動しました。

トラスト保全地では、実物の木を見ながらコナラとクヌギの違いやヤツデやアオキなどの常緑樹の見分け方を学びました。

最後に2年ほど前に余ったシイタケのコマを打ち込んだイヌシデから出た大きなシイタケをお土産にもらい解散となりました。参加された皆さんお疲れさまでした。

また、町が新しく購入した土地は、プレハブ小屋が撤去され、整備が進んでいました。

活動時間 9:30~11:05

Conv0887 Conv0888 Conv0890 Conv0891 Conv0892 Conv0893 Conv0894 Conv0895 Conv0886

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の日差しを感じる中で保全作業を実施しました

平成29年(2017年)  3月11日(土) 天気:晴れ 気温:12度

3月の保全作業は春を感じさせる日差しの下、町役場職員、日本工業大学の学生6名を含め総勢23人が参加して行われました。

吹く風は冷たかったものの、春を感じさせる日差しの下、Y代表から各保全地の代表者会議の結果報告に引き続き、手入れの行き届いていなかった新しい村に近いエリアの下草刈り、街路灯への電線にかかりそうな木の枝打ちなどを行いました。

新しい村から水路を渡りトラスト地に入るエリアは、水路際の下草刈りは実施していたものの、奥はほとんど手を入れていませんでしたので、腰の上あたりまでアズマネザサが伸びている状態でした。刈り込み鋏や鎌だけでなく刈り払い機も使い一斉に作業をした結果、見違えるようにすっきりした保全地になりました。

山崎集会所横の街路灯への電線には、トラスト地の木から伸びた枝がかかりそうであったため、高枝切鋸を使い処理しようとしましたが、大きな枝を切るために最後にはチェーンソーも使い無事に処理しました。

作業終了後には、バーベキューを楽しみました。また、この場で、町の方から平成29年度の行事予定の説明と、西原に抜ける町道際の民有地の取得報告がありました。参加された皆さん、大変お疲れさまでした。

活動時間:9:30~12:15

Conv0877 Conv0878 Conv0879 Conv0880 Conv0881 Conv0882 Conv0884 Conv0883 Conv0885

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月の予定案内

平成29年(2017年) 3月の予定は以下のとおりです。皆さんの参加をお待ちしています。

さいたま緑のトラスト協会宮代支部定例保全活動

3月11日(土)午前9時30分から 

さいたま緑のトラスト協会宮代支部の定例保全活動を行います。春を前にトラスト保全地の下草刈りを中心とした保全活動を行います。多くの皆さんの参加をお待ちしています。

集合場所はいつもの作業用倉庫前です。

山崎山こどもエコクラブ定例観察会

3月19日(日)午前9時30分から

山崎山こどもエコクラブの第197回の活動を行います。今回も町の五楽体験事業と共催で「春の自然観察会」を行います。新しい村とさいたま緑のトラスト保全第5号地の山崎山での自然観察会を行います。

 参加は無料で、子どもから大人まで、初めての人でも参加できますので、多くの皆さんの参加をお待ちしています。

集合場所は、いつもの「新しい村ステージ前」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シイタケのコマ打ちに挑戦しました

平成29年(2017年)  2月19日(日) 天気:晴れ 気温:8度

第196回の山崎山こどもエコクラブの定例観察会は、町の五楽体験事業と共催で「冬の自然観察会&シイタケのコマ打ち体験」と題して、トラスト地内でのミニ自然観察会兼学習会と作業用倉庫前の広場でのシイタケのコマ打ち体験を行いました。参加人数は町役場職員を含め総勢35人でした。

当初は新しい村の広場に集合予定でしたが、日差しは暖かいものの北西の季節風が強く吹いているため、新しい村の温室で開会のあいさつと、今日の日程の説明を行いました。Y代表から自然観察の資料配布と説明の後、早速自然観察会の開始です。トラスト地内の樹木の説明を中心に一回りしてコマ打ちをする作業用倉庫前に集合です。

ここでもY代表からコマ打ちの手順の説明があり、早速電気ドリルでのコマ打ち用の穴あけです。ボランティアスタッフの支援を受けながら参加されたお父さんやお子さんが挑戦しました。コマ打ちでは、木槌や金づちを使いシイタケのコマを打っていきます。こちらは小さい子供も一生懸命作業をしました。

小一時間ほどで皆さんは作業を終えました。作業終了後には改めてY代表からシイタケのホダ木の管理方法の説明があり、参加された皆さんは自分でコマ打ちをしたシイタケのホダ木をお土産に解散となりました。

皆さんが帰った後は、ボランティアスタッフで残ったホダ木にコマを打ち、トラスト地内のシイタケ栽培場所に運びブルーシートでくるみ、作業を終了しました。参加された皆さんお疲れさまでした。

活動時間 9:30~11:15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かい陽だまりの中で一斉保全作業を実施

平成29年(2017年)  2月11日(土) 天気:晴れ 気温:8度

毎年2月に行われている一斉保全作業は、西日本が大雪の中、風もなく陽だまりでは温かさを感じる陽気の下、町役場職員、日本工業大学の学生、トラスト協会の事務局長を含め総勢23人が参加して行われました。

今年の一斉保全作業は、Y代表の案内でトラスト地を一周するミニ自然観察会から始まりました。トラスト地内の植生や今後の保全方針などの説明に、参加者は熱心に耳を傾けていました。

ミニ自然観察会の後は一斉保全作業です。今回は、ゲートゴルフ場グランド横の保全地の下草刈り、町道側溝の落ち葉上げ、先月の作業で刈り残した新しい村から西原に抜ける町道横の保全地の下草刈りなどを行いました。

参加者は刈り払い機や鎌、刈り込み鋏を手に伸びたアズマネザサなどの下草に立ち向かいました。刈り取った下草は集積場所に集めるなどの処理を行いました。参加人数も多く熱心に作業をした結果、写真のようにすっきりときれいになりました。定例の作業後ミーティングの後集合写真を撮って解散となりました。参加された皆さん、大変お疲れさまでした。

活動時間:9:30~11:30

Conv0855 Conv0856 Conv0857 Conv0858 Conv0859 Conv0860 Conv0861 Conv0862 Conv0863 Conv0864 Conv0865 Conv0866

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月の予定案内

平成29年(2017年) 2月の予定は以下のとおりです。皆さんの参加をお待ちしています。

さいたま緑のトラスト協会宮代支部定例保全活動

2月11日(土)午前9時30分から 

さいたま緑のトラスト協会宮代支部の定例保全活動を行います。今回は一斉保全作業として町の広報誌で広く参加を呼び掛けています。今回はグラウンド横の保全地を中心に下草刈り、間伐などを予定しています。多くの皆さんの参加をお待ちしています。

集合場所はいつもの作業用倉庫前です。

山崎山こどもエコクラブ定例観察会

2月19日(日)午前9時30分から

山崎山こどもエコクラブの第196回の活動を行います。今回は町の五楽体験事業と共催で「冬の自然観察会&シイタケのコマ打ち体験」を行います。さいたま緑のトラスト保全第5号地の山崎山の自然観察会とクヌギなどのホダ木にシイタケ菌のコマ打ちを行います。

 参加は無料で、子どもから大人まで、初めての人でも参加できますので、多くの皆さんの参加をお待ちしています。

集合場所は、いつもの「新しい村ステージ前」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陽だまりの中でヨシズ編みに挑戦

平成29年(2017年)  1月15日(日) 天気:晴れ 気温:5度

第195回の山崎山こどもエコクラブの定例観察会は、町の五楽体験事業と共催で「里山の冬の自然観察会&壁掛け作り」と題して、ヨシズ編みでの壁掛けづくりとミニ自然観察会兼学習会を行いました。参加人数は町役場職員1人を含め総勢23人でした。

当初の予定では新しい村の広場に集合し、そのままほっつけ田んぼに行きヨシズを刈り取る予定でしたが、この冬一番の寒波で前日には雪も舞う北風の強く吹く陽気のため、ヨシズ編みをする作業小屋前の陽だまりにすぐに移動しました。

最初にY代表からヨシズ編みの手順の実演を交えた説明があり、早速参加者がヨシズ編みに挑戦しました。材料はあらかじめY代表が切りそろえて用意したヨシズと、今日採取したヨシズの皮をむいて作ったものを用いました。

親子や友人同士で思い思いにヨシズや小枝を織り込み、小一時間ほどで立派なヨシズ編みの壁掛けが完成しました。完成後には、子供たちだけで完成したヨシズ編みの壁掛けを持っての記念撮影となりました。

この後、Y代表からトラスト地の植物についてのミニ学習会が行われて終了となりました。参加された皆さんお疲れさまでした。

活動時間 9:30~11:20

Conv0847 Conv0848 Conv0849 Conv0850 Conv0851 Conv0852 Conv0853 Conv0854

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«この冬一番の寒さの中で新年最初の保全作業を実施